Job & Member仕事と社員を知る

3つの職種多種多様な活躍場所で、
一人ひとりの個性を発揮してほしい。

太陽生命には総合職・一般職・担当職の3つの職種があり、さらに多様な部門を抱える本社、
日本全国に広がる支社など、それぞれの職種が活躍するフィールドも多彩です。
ここでは、各職種の紹介を中心に、一足先に活躍している先輩たちのインタビューを掲載。
将来の自分自身の働く姿を想像しながら、ぜひ、一人ひとりの物語を読んでみてください。

総合職

支社勤務と本社勤務を経験し、
未来の太陽生命を支える人材へ。

太陽生命の総合職は経営の根幹を担い、会社を大きく発展させていく役割を担います。活躍場所は大きく分けて支社と本社の2つに分かれます。顧客接点となる全国の支社では営業職員の育成や指導、支社全体の運営業務を担当。本社では、商品企画やシステム開発、広報、資産運用、営業戦略の立案など、保険会社として欠かせない幅広い業務に従事します。総合職の多くは、本支社間のジョブローテーションを重ねながら、幅広いマネジメント能力や専門スキルを磨いていきます。

全国の支社

本社

支社業務

支社では、お客様対応や保険の仕組みを理解することからスタート。その後、営業職員の育成や指導を担当し、2年目には担当業務の係長を経験します。さらに、支社の営業職員への育成や指導を担い、近隣支社の係長の指導もする業務・教育課長や支社運営を支え、支社長をサポートする支社次長、採用から営業方針の決定、収益管理まですべてを統括する支社長といったポジションまで、様々な立場でリーダーとしての能力を磨いていきます。また、複数の支社を経験することで、様々な支社長の考え方やマネジメントの手法を学び、成長していきます。

本社業務

生命保険会社の本社業務は多岐に渡っています。「営業・商品開発部門」では、営業職員が提案する商品の開発から会社の営業計画の立案、指導など、営業の最前線に係る部門です。また、「サービス部門」は保険の入り口である契約から給付金のお支払といった出口の部分に係る部門であり、大事なお客様のご契約に関するサービスを支えています。「総務・管理部門」では会社の経営戦略の策定から人事異動、テレビCMの作成など会社の根幹を支える部署が集結しています。「資産運用部門」ではお客様からお預かりした保険料を国債や株式、為替等国内外に投資し、会社の資金をグローバルに運用する部門です。「収益・リスク管理部門」では保険計理や収益管理、決算など会社のバランスシート等を管理し、会社の重要なデータを算出する部門です。「IT・システム部門」はシステムの開発や情報セキュリティ管理など会社の情報システムを統括している部門です。どの部署も若いうちから責任ある仕事を任せるのが特徴。影響力の大きな仕事を経験する中で、専門能力や人脈を広げていきます。

部門紹介

営業・商品開発部門
営業部
営業企画部
商品部
法人営業推進部
など
サービス
部門
契約部
契約サービス部
保険金部
コミュニケ―ションセンター部
など
総務・管理部門
総務部
人事部
企画部
広報部
など
資産運用
部門
資金運用部
証券運用部
海外事業部
など
収益・リスク
管理部門
主計部
総合リスク管理部
企業保険管理部
など
IT・システム
部門
IT企画部
など

一般職

太陽生命のサービス業務を支え、
担当業務のプロフェッショナルとなる。

引越しを伴う転勤のない一般職は、太陽生命の多種多様な業務を支える大切な存在です。本社の各部署や支社の専門性の高い業務を中心に担当し、後輩の指導や育成も担当します。また、支社ではお客様への窓口対応業務に加えて、かけつけ隊やインフォマーシャルなどのサービス業務も行います。お客様宅を訪問し給付金の手続きサポートやCMを見て希望されたお客様への商品説明などを行うこともあります。

Cross Talk太陽生命の一般職の本音

お客様との
つながりも、
成長
やりがいもある。

read more

担当職

専門的な能力を携え、
太陽生命の法人営業を支える

引越しを伴う転勤のない担当職は一般企業などの法人のお客様を対象とした、太陽生命の法人営業を支える業務を担当します。顧客企業との信頼関係の構築から始まり、相手のニーズを把握し、福利厚生に役立てるような専門的な知識を有する業務を行います。また、一般企業だけでなく、学校などの組合団体へ福利厚生の一環として、団体保険を販売するなど、様々な取引先とBtoBの専門的営業を経験することができます。