同期は
よき理解者であり、
絶対負けたくない
ライバル。

Hiroyuki Hirayama
日暮里営業所
SS・CS係長
2019年入社
文学部卒
平山 裕之

日本一の営業職員たちから
学んだことを、自らの力に。

現在は日暮里営業所にて、営業職員の教育などを担当するセールスサポート係長(SS係長)を務めています。具体的には、新人営業職員向けに研修を実施し、どうすれば新規の契約を獲得できるかといったノウハウの机上指導や、お客さま宅を一緒に訪問して実地でアドバイスを行うといった業務に従事しています。ちなみに、私の所属する日暮里営業所はお客様の新規開拓がメインの営業所。しかも、太陽生命の支社・営業所の中で新規契約の目標達成率で全国1位を取り続けている営業所です。営業職員のスキルは高く、仕事に取り組む意欲も高い人が多いと思います。だからこそ、私自身、この営業所に異動になったばかりの頃は、営業成績の良い営業職員にお願いして、お客さま宅を一緒に訪問させてもらいました。お客さまへの第一印象の作り方や商品の説明の仕方などを隣で見続け、真似して試していました。やはり、圧倒的にお客様と仲良くなるスピードが速いんですよね。あと、会話の引き出しがとにかく多い。それらのスキルやノウハウを一つひとつ吸収しながら、自分の力に変えていきました。

課長も、支社長も、
同期最速での登用を目指す。

新型コロナウイルスの影響もあり、営業職員も以前と比べてお客さまとなかなか簡単に会うことができなくなってしまいました。当然、これまでのアプローチだけでは通用しない場面が増え、常に一手先、二手先を考えながら動く力が求められるようになっています。そのため、私たちSS係長は単に営業職員に対してやり方を指導するだけでなく、仕事に対する意識や考え方からしっかり教育していく必要があります。私の今後の目標は、まずはブロック支社の業務・教育課長に同期の中で最速で登用されることです。その後は支社と本社のジョブローテーションを通して、人事の仕事にも挑戦してみたいと考えています。そして、さらにその先に同期の中で最速で支社長になることがあります。何をやるにしても同期には負けたくないですね。そのくらい、私にとっての同期は、モチベーションを高めてくれる存在。とくに仲の良い同期とは毎日のように連絡を取り合い、知識などの共有もしつつ、お互いに切磋琢磨しています。

若くして責任ある立場で
働けると思った。

就職活動を始めた頃は様々な業界を見ていました。金融業界に興味を持ったのは周囲の友人たちの影響でしたが、大学3年生の時に祖父が他界し、この時に生命保険のお世話になったことをきっかけに一気に生命保険というものが身近になりました。私自身もお客さまの万一の際に寄り添い、お役に立てる仕事がしたいと強く思うようになっていきました。太陽生命に入社を決めたのは、先輩社員の方々の雰囲気の良さと、若くして責任ある仕事を任せてくれる仕組みに魅力を感じたから。学生時代のアルバイト経験を通して、責任ある立場で働くことが大きな成長へとつながることは実感していましたし、入社後も常に一つ先のハードルを与えてくれるような環境を求めていました。若手社員の育成に関しては、太陽生命は本当に恵まれた環境が整っていると思います。

会社のサポートが
充実しているため、
転勤も楽々。
これまで3年間で2回ほど転勤のための引越しを経験しましたが、太陽生命は住宅サポートが手厚く、かつ転勤準備のための休暇もいただけるため、業務の妨げやプライベートの時間を失うようなことは一度もありませんでした。むしろ、私は写真撮影が趣味のため、各地の観光地へ撮影に出かけることができ楽しく過ごしています。

One day schedule

他のインタビューを読む