企業への福利厚生制度の
導入を目指し、
綿密な戦略を
練り上げていく。

Shu Ogawa
法人営業推進部
総合法人部 課長代理
2011年入社
現代心理学部卒
小川 修

まったく異なる業界のことを
幅広く知ることができる。

総合法人部のお客様は、その名の通り、事業法人。具体的な業務内容は、企業の死亡退職金や弔慰金の財源として準備される総合福祉団体定期保険や団体生活介護保険など、福利厚生制度の提案が中心です。今後、労働人口の減少などにより、企業は働き手の確保がますます難しくなっていくことが予想されます。そうした中、福利厚生制度の充実を図ることで、優秀な人材の確保や社員の長期定着、会社に対する満足度の向上につなげてもらうという使命を担っています。そのため、私たち総合法人部の所属員は、どうすればもっとお客様のお役に立てるかということを常に考え、それぞれの企業の事業内容や福利厚生制度はもちろん、グループ企業、関連企業などについても、担当者の方に話を伺ったり、自ら調べて回ったり、常に情報収集するよう心がけています。生命保険会社に所属しながら、まったく異なる業界や企業のことをここまで幅広く知ることができるのは総合法人部だけではないでしょうか。

すべてが新鮮な毎日。
これまでのキャリアも役立っている。

この部署に異動してきたばかりの頃は、法人営業と個人営業の仕事の進め方の違いにかなり戸惑いました。販売するお客様が法人に変わると、取り扱う商品だけでなく、ご契約をいただくまでのアプローチもまったく異なります。法人営業の場合、ご契約をいただくチャンスは1年に1度きり。お客様が福利厚生制度の見直しを図るタイミングに照準を定め、そこまでに綿密な戦略を練っていく必要があります。これまで当社とお付き合いのないお客様となれば、なおさら入念な準備が必要です。初回の訪問でどのような会話をすれば良いか、その企業と当社の間にビジネスのお付き合いはないか。情報収集では、当社の総務部や海外事業部、広報部、人事部といった他部署にも足を運び、新しいお客様からご契約をいただくための糸口となる情報の発見に努めます。当然、最初は右も左もわかりませんでした。その都度、上司や先輩からアドバイスをもらいながら、一つずつ前進していく毎日。ただ、私にとってはすべてが新鮮で、とても好奇心を駆り立てられるものばかりでした。さらに、これまでの私のキャリアも現在の仕事に大いに役立っていると思います。個人保険営業を通して対人交渉力を徹底的に叩き込まれた大阪支社、目標達成に対する営業マインドを学んだ千住支社、営業職員の育成のために新たな販売手法を日々思案し、工夫し続ける大切さを身につけた行徳営業所。さらに本社の総務課では、株主総会、規程管理やCSRなどの担当業務を経験し、企業の管理部門の働き方を学ぶと同時に、社内のネットワークも築くことができました。これらの経験や知識、マインド、人脈は確実に活きています。

太陽生命は、
人間としての成長にも投資してくれる会社。

また、入社8年目のニューヨークへのキャリア留学の経験も大きかったです。3ヶ月間という短い期間でしたが、現地の語学学校の事務部門で働かせてもらい、日本人向けの留学プログラムの企画といった仕事にも挑戦しました。渡米した当初は会話もままならず苦労しましたが、ここでも積極的に自分の足で行動すれば、活路は自ずと開かれるという自信を深めることができました。さらに仕事や働き方に対する視野や価値観も大きく広がったと思います。こうした人間としての成長にも投資してくれるのは、太陽生命の大きな魅力ではないでしょうか。今後の目標は、まずは総合法人部の一員として結果を残すこと。年々、当社の業績における法人部門の存在感も大きくなっているため、さらに貢献できればと考えています。そして、今後はこれまで私が培ってきた能力や経験を活かし、支社長をはじめ、新たなキャリアを歩んでいきたいと考えています。

大好きな温泉をめぐって、
英気を養う。
趣味は温泉めぐりです。子供の頃から温泉が好きで、今でも休日にはよく温泉に行きます。いい湯にゆっくりとつかり、至福のひとときを過ごすことで、心身ともに癒され、仕事へのモチベーションも上がりますね。

One day schedule

他のインタビューを読む