安心して保険に
加入し続けられるよう
現場を支え、
仕組みに活かしていく。

Mayu Inomata
契約サービス部
契約サービス課
2019年入社
文学部卒
猪俣 茉柚

信頼関係を左右する
情報を取り扱う仕事。

私の所属している契約サービス課は、太陽生命の個人保険に契約されているすべてのお客様の情報を扱う重要な部署です。そのなかでも私は、訂正変更業務という、ご契約されているお客様の住所やお名前に変更があった際の訂正を行う業務などを担当しています。生命保険は、お客様とのお付き合いが長い商品。私たちがお客様のライフステージの変化やご家族の状況の変化をご契約内容と対応させることで、保障が必要になったときもスムーズに手続きが進み、無事保険金をお支払いすることができるのです。特殊な漢字を使ったお名前など、書類にうまく反映できず、ご照会いただいた場合などは、お客様にご説明をして問題なく契約されていることをお伝えすることもあります。名前や住所は、お客様にとって大切な情報。些細な違いがお客様を不安にさせてしまったり、将来的に大きな影響が出たりする可能性もあります。安心して太陽生命の保険に加入し続けていただけるよう、細心の注意を払って業務に取り組んでいます。

お客様に近い立場として、
意見を伝える場面も。

日々の業務のなかで、お手続きに関して不明点があった場合お客様に電話で修正をご依頼することもあります。電話口での説明は難しい部分もありますが、どんな情報が必要なのか、どのように書類を修正すればいいのかを理解していただけるよう心がけています。きちんとお手続きの書類が返送され、無事処理を完了できたのを見届けたときは、自分の役割を果たせたことを実感します。電話を通じて「丁寧に対応してくれてありがとう」と感謝の言葉を聞くことができたときにはとてもうれしく思います。最近では、新しい契約システムの導入に際して、システム部門へ意見を伝えることもあります。契約サービス課は、お客様にとても近い場所にある部署。お客様とのやりとりで得られた意見や知識が、太陽生命の新たな取り組みにも活かすことができるのは面白いですね。よりよいシステム作りのサポートができるよう、お客様とのコミュニケーションを大切にしています。

新しいことへ
挑戦する姿勢を忘れない。

就職活動では、幅広い業務に挑戦したいという気持ちと、プライベートと仕事を両立したいという気持ちがありました。保険業界の企業を見ていたとき、太陽生命は、他社に比べて独自の商品やサービスを積極的に展開していることや、社員の人柄の良さが魅力的でした。そして、一般職であれば自分の求める働き方が実現できると考え入社を決意しました。専門的な分野を扱う業務に不安もありましたが、実際に働いてみて、太陽生命の一番の魅力は「人」にあると実感しています。部署内で助け合うのはもちろん、他部署の方もいつも丁寧に質問に答えてくださりとてもありがたいですね。そのため、自分の業務をしっかり身に付け、新しいことへの挑戦意欲も湧いてきます。まずは今の部署に貢献できるよう、自分自身のスキルを上げることを目標にしています。そして、いずれは企業の魅力を発信していく仕事にも就いてみたいですね。業務の枠を超えて、太陽生命でさらに活躍の場を広げていきたいです。

趣味の時間を
充実させています!
K−POPが好きで、毎週金曜日の仕事終わりにはダンススクールで身体を動かしています。休日も韓国系のドラマや映画を楽しむなど、好きなものにかける時間をしっかり確保できています。

One day schedule

他のインタビューを読む