キャリア・教育体系

何歳でも、何度でも
挑戦できる
環境をつくる。

生命保険会社として、
業界で初めて65歳定年を導入した太陽生命。
その根底には何歳でも、
何度でも挑戦できる環境をつくりたいという思いがあります。
ここでは、当社のキャリアについての考え方と特長、
教育体系についてご紹介します。

キャリアの考え方と特長

1年目は現場から。OJTで土台を築く。

生命保険会社の総合職として、先輩社員に教わりながら現場業務を経験することからスタート。お客様を知り、保険の仕組みを学ぶことからはじめます。OJTを担当するのは、比較的、年齢の近い先輩です。何でも質問、相談ができる環境が整備されています。

ジョブローテーションを通じて成長。

総合職は、数年おきの本支社間のジョブローテーションを通じて、支社や本社の様々な部門(営業・商品・サービス・企画・広報・人事・運用・財務・IT部門など)の多岐に渡る業務を経験することができます。ジョブローテーションを通して、それぞれの支社長・部長・課長などの仕事の考え方、進め方を学ぶことができます。また、業務内容や人間関係も変わるため、常に新鮮な気持ちで仕事に挑むことができます。

少数精鋭。早くからリーダーを任せる。

太陽生命の特徴は、少数精鋭。2年目には係長として担当を持ち、6年目には業務・教育課長、8年目には次長、10年目には支社長へと早期に登用される者もいます。本社勤務の場合も、若いうちからリーダー業務を任せ、メンバーの個性や能力を引き出す力を磨いていきます。

実力に応じて、大きなステージを用意。

支社長を経験した後にはより規模の大きな支社や同じエリアの支社を束ねるブロック支社長、本社部長職など、やりがいのあるポジションは無数にあります。また、部署を横断したプロジェクトも多く、そのリーダーを務める機会も豊富にあります。

生涯現役。学び、挑み続ける人生を。

人生100年時代。業界でも初めて65歳まで同条件で働き続けられる制度を導入しました。さらに太陽生命では、年齢に関係なく新しいことを学び、新しいことに挑戦する従業員を応援しています。働きやすさだけでなく、働きがいも常に持ち続けられる会社を目指しています。

教育体系

最適な機会に、
最適な教育研修で
成長をサポート。

入社1年目

新入社員導入研修を経て、配属先を決定します。

導入研修
入社後、総合職は3ヶ月程度、一般職は3週間程度の研修を実施します。社会人としてのマナーはもちろん、商品・サービス・事務知識など幅広く研修を受けます。研修後、配属先へ着任します。
OJT制度
配属後には年齢の近い先輩社員がチューターとなり、一緒に仕事をしながら様々な知識・経験を積んで業務の幅を拡げていきます。

入社2年目
〜5年目

支社では2年目で係長に登用。早くも責任ある立場となります。

年次別研修
総合職では、最終的なゴールを支社長や各部署のリーダーと考え、マネジメント能力を身につけるための研修を年次やポジションに合わせて行います。

年次に合わせた研修制度

知識教育
生命保険講座、財務、FP技能検定など必要に応じて知識を身につけます。
リーダー教育
集合研修により、コミュニケーション能力や主体性を身につけます。
専門分野での
スキルアップ
証券アナリストなど専門性の高い資格取得を支援します。

入社6年目
以降

支社長や支社次長、業務・教育課長などの役職に登用され、
早期に責任のある仕事を任せられます。

管理職候補者研修
早期に管理職として活躍できるように、リーダーシップ・マネジメント・人材育成・マーケティングなどの基礎的な知識を身につけるための研修を実施しています。
管理職研修
管理職として必要なリーダーシップ・マネジメント・人材育成などのより専門性の高い知識を身につけるための研修を実施しています。