Message人事部長メッセージ

人事部長陶山 浩一朗

自ら成長し、
人の成長を喜ぶことができるリーダーに。

「人の太陽」。私が入社するずっと前から大切にされている言葉です。当社は、これほどの事業規模にも関わらず、少数精鋭の組織で多くのお客様や従業員を支えています。従業員全員が、入社後すぐに未来の管理職として期待される「人財」です。従業員一人一人の力を信じ、人の成長に対して投資を惜しまない文化・風土が当社最大の特長です。

太陽生命では、自ら成長するために若いうちからさまざまな『経験』をすることができます。入社初期には支社係長という経験を通して、将来管理職として必要なマネジメント力を学びます。また、本支社間のローテーションも頻繁に実施されます。人事企画・営業・サービス・運用・海外事業など多岐にわたる本社部門での経験を通して、会社全体や業界を俯瞰する力を養うことができます。そういった幅広い経験が、支社では入社6年目・本社では入社10年目に管理職に早期登用された時に発揮されることに繋がります。若いうちからリーダーシップを発揮し、地域のお客様や従業員の満足度向上に寄与貢献できる経験や本社各部門の中核社員として一大プロジェクトに参画貢献できる経験は、まさに当社若手管理職の醍醐味の一つといえます。

太陽生命は、人生100歳時代という中で「健康寿命の延伸」という社会的課題に対し、誠実に向き合い、時代に先駆けた商品やサービスを迅速に提供し、従業員一人ひとりの勇気と従業員同士のチームワークを大切している会社です。そのような当社を希望する方々に、当社が求める姿勢が二つあります。それは管理職として必要となる知識・技術・心構えを一つずつ体得していこうとする「愚直な姿勢」です。もう一つは、さまざまな環境変化に怖れず向き合う「チャレンジする姿勢(≒好奇心)」です。私自身もそうでしたが、若くして管理職の任に就き、毎日が挑戦でした。日々の成果に一喜一憂しながら、仲間と共に積み上げた“経験と成果”によってリーダーとしての「自信」を手に入れられました。

自分のために使われる力は限界があります。しかし、他人のためを想い発揮される力は無限大です。自分自身の成長を求めるだけでなく、周囲の人たちの成長を支え、喜ぶことができるリーダーが次々に輩出される会社であり続けるために人事部一同、微力を尽くしていきます。