Meet our people仕事を知る

伊藤 慧 伊藤 慧

人を巻き込んで
大きな成果を上げる力を磨きたい

東京支社
SS※1・CS※2係長
※1 セールスサポート ※2 カスタマーサービス総合職

2015年入社

政治経済学部国際政治経済学科卒

伊藤 慧Satoru Itoh

One time schedule

スケジュール スケジュール

SSとCSを兼務しながら
支社業務全般に携わる

就職活動では金融業界をターゲットにしていました。その中で生命保険会社の総合職という道を選んだのは、自分が営業に注力するのではなく、営業職員を支援することで目標達成を実現するという、 “人の役に立つ”仕事ができると思ったからです。入社後は平塚支社に配属され、その後人事部に異動となり、2年間勤務した後、現在の東京支社に赴任しました。

現在、SS(セールスサポート)係長とCS(カスタマーサービス)係長を兼務し、SS係長としては新人営業職員の1カ月目研修や3年未満の営業職員の研修、営業職員の入社から退社までの採用事務全般に携わっています。一方、CS係長としてはお客様からの資料請求情報の管理、かけつけ隊の進捗状況など事務業務の取りまとめを担当しています。営業職員に対しては個別にお客様への提案内容や営業話法のアドバイスなどの指導を随時行っています。

相手が自分で考えながら
成長できる指導を目指す

相手が自分で考えながら
成長できる指導を目指す

係長としては後輩や営業職員をマネジメントすることが求められるのですが、まだ頼みごとをするより自分でやった方が早いと思うこともあり、なかなか難しいのが現状です。上司からも「もっと人に動いてもらいなさい」と指摘されることもあり、それが今後の課題です。また、後輩たちを指導する際にも自分が新入社員のころに感じた気持ちを忘れず、相手が自分で考えながら成長できるような教え方をしようと心掛けています。頼みごとや相談をされることも多く、その際に忙しそうにせず、目線を合わせて話を聞くことも大事です。親身になって相手の話を聞き、頼みやすく、すぐに対応してくれると思ってもらえるように意識しています。さらに、職場の雰囲気づくりにも気を配っています。支社は内務員と営業職員それぞれが支え合うことで成り立っているので、その双方のパイプ役としてスムーズに業務が進行できるように努力しています。

営業支援端末導入研修を通して
営業職員の信頼を勝ち取る

営業支援端末導入研修を通して
営業職員の信頼を勝ち取る

東京支社に異動して半年経ったころ、自分が成長できる1つの契機となった出来事がありました。2018年8月に当社では全国で新しい営業支援端末の導入が行われました。その際に東京支社はテストケースとして先行導入が行われることになり、上司である業務教育課長と協力して営業職員への研修を実施することになりました。設計書の作成方法や各種便利機能が追加されたため、導入直後から営業職員が以前通りに使いこなせるように正式導入までの2週間、毎日、研修を実施しましたが、先行導入なので資料やマニュアルがほとんどなく、自分で操作をする中で知識を身に付けなければなりませんでした。また、「どんな伝え方をしたら、営業職員に抵抗感が生まれないか」を常に考えながら研修に臨みました。研修後の相談にも親身になって乗るようにして、何とかスムーズに導入することができました。これがきっかけとなり、営業職員から信頼を得ることができたと感じています。

管理職として
ステップアップすることが目標

管理職として
ステップアップすることが目標

新営業支援端末導入の際もそうですが、自分の研修内容とリンクした成果が上がった時、仕事のやりがいを実感することができます。また、支社は営業職員から「ありがとう」と声を掛けられることが多く、どんな些細なことでも感謝してもらえるのは嬉しいです。私は入社時から支社・本社をバランス良く経験できたので、その両方の経験を活かして、将来的には管理職としてステップアップしていきたいと思っています。そのために、自分の業務遂行能力の向上はもちろんですが、人を巻き込んで大きな成果を上げていく能力を磨いていきたいです。

太陽生命は常に新しいことに挑戦していく姿勢が最大の魅力です。業界初の商品開発や申し込み手続きのペーパーレス化など常にお客様目線で新しいことに取り組んでいます。私が当社を就職先に選んだのもそれが一番の理由で、その思いは今も変わりません。

先輩社員紹介一覧へ戻る