Meet our people仕事を知る

大野 貴之 大野 貴之

管理職の難しさとやりがいを
実感しながら成長できる

横浜北支社 支社次長総合職

2011年入社

商学部商学科卒

大野 貴之Takayuki Ohno

One time schedule

スケジュール スケジュール

初めての管理職として
幅広い業務を経験中

実はもともと生命保険業界にそれほど興味があったわけではありませんでした。それが、就職活動中、説明会や面接でお会いした太陽生命の方々がみんな人間味あふれる人たちで、「この人たちと働きたい!」と思ったことが入社のきっかけでした。つまり、業種ではなく“人”で選んだということですね。

入社後は広島支社に2年、横浜西支社に1年、その後、営業教育課に3年半、営業企画課に1年勤務し、その後、現在の横浜北支社に支社次長として赴任しました。本社勤務が長く支社での業務は久しぶりで、しかも初めての管理職ということもあり、着任当初は戸惑うことも多かったです。また、横浜北支社は内勤スタッフが少ないため、支社長のサポートや事務業務の取りまとめなど通常の次長業務以外にも営業職員への研修などもこなすことが必要で、幅広い業務フィールドで奮闘中です。

支社のみんなの喜びが
自分の仕事のやりがいにつながる

支社のみんなの喜びが
自分の仕事のやりがいにつながる

支社次長は管理職として、人を動かして成果を出すことが求められます。スマートワークを推進する当社において、自分も相手も時間は有限だということを認識して、現状に即した業務依頼や進捗確認をするとともに、こまめに声掛けをするようにしています。そうすることで、みんなの日々の顔色や様子の変化を感じ取ることが大切だと思っています。

管理職としてマネジメントの難しさを実感しながら試行錯誤を繰り返しているところですが、私が関わったことでその人が何かを成し遂げられた時、共に喜び合うことで仕事の達成感を得ることができます。例えば、営業職員にアドバイスして成約に結びつけば自分が契約を取った時よりも嬉しいですし、それが積み重なれば支社の目標達成にもつながります。そういう意味で、管理職としてのやりがいも実感できるようになってきたのかもしれません。

入社当初の支社での貴重な経験が
成長のきっかけに

入社当初の支社での貴重な経験が
成長のきっかけに

私の仕事における成長の原点は、入社当初の広島支社時代にあります。当時、支社の中の1つの支部を採用人数で日本一にすることを目標に掲げていたことがありました。支部長や支部員がみんなで力を合わせて頑張った結果、見事に日本一に輝くことができました。その過程で私自身も支部員への声掛けや支部長とのコミュニケーションなどを行うとともに、採用にも直接的に貢献できたことで、物事を達成するためのプロセスと考え方を肌で学ぶことができました。また、当時、私が営業職員と同行してがん保障を手厚く見直してくださった22歳のお客様が、その後、がんを患い、お客様の母親から「この保険を薦めてくれて本当にありがとうございました」と泣きながら感謝のお電話をいただきました。保険金で十分な治療を選択することができると聞き、改めて生命保険会社は多くの人たちの役に立っているんだと実感できた貴重な経験でした。

支社員が幸せになれる支社づくりが
将来の目標

支社員が幸せになれる支社づくりが
将来の目標

これまでのキャリアで支社と本社の両方の業務を経験することができましたが、それを踏まえて将来的には支社長になり、充実して明るく前向きな組織を築き、全員が幸せになれるような支社にすることが目標です。そのために、これまで一緒に仕事をしてきた上司や先輩たちのように、バイタリティ、正義感、笑顔、明るさを兼ね備えて、どんな困難な時も明るく前向きな姿勢を身に付けたいと思っています。

私は“人”で太陽生命を選びましたが、これまで働いてきて、太陽生命の魅力はやはり“人”にあると実感しています。温かく、信頼できる人たちとともに、スピード感をもって新しいものにチャレンジできる。そんな環境が太陽生命にはあります。

先輩社員紹介一覧へ戻る