MESSAGE元気にする会社。
元気になる会社。

太陽生命は、127年間、お客様一人ひとりの人生をサポートする保険商品を世の中に送り出し、1万人を超える従業員の力で、日本中を元気にし続けている会社です。常に業界初を狙う先進性とお客様に最もやさしい生命保険会社を目指す信頼性を高め続けてきた会社です。さらに、「お客様」を元気にし、「社会」を元気にするためには、まず自分たち「従業員」が元気になることが大切だと考え、太陽生命はどこよりも働きやすく、働きがいのある職場を目指す取り組みにも力を入れています。お客様の人生を最も考える会社だからこそ、従業員の人生も最も考える会社でありたい。皆さんの人生も、太陽生命で輝かせてみませんか。

「太陽の元気プロジェクト」も進行中

太陽生命では、社長自らが先頭に立ち、「太陽の元気宣言」を行い、従業員を元気にするためのさまざまな施策を推進する「太陽の元気プロジェクト」を全社的に展開しています。この取り組みは厚生労働省が主催する「第 6 回 健康寿命をのばそう!アワード(生活習慣病予防分野)」において、「厚生労働省健康局長優良賞(企業部門)」を受賞しました。また、65歳定年制度や最長70歳までの継続雇用制度を導入するとともに終身年金を維持するなどといった充実した人事制度を構築したことが高く評価され、「第8回 日本HRチャレンジ大賞」において金融機関で初めて大賞に次ぐ『イノベーション賞』を受賞しました。

「太陽の元気」宣言

太陽生命は、「太陽の元気プロジェクト」により、従業員が元気になり、お客様を元気にし、そして社会を元気にする。この『元気のサイクル』を生み出すことをここに宣言します。

従業員を「元気」に

従業員の健康増進を図り、
一人ひとりがいきいきと働くことができる元気な職場を作ります。

元気な職場で生まれる活発なコミュニケーションによって、
新商品や新サービス等の新たな価値を創造します。

取り組みの一例
育児サポート制度を充実し、「プラチナくるみん」の認定を取得/男性社員の「育児参加のための休暇」制度を新設/業界最高水準の介護休業・介護休暇制度の導入/65歳定年制度の導入/最長70歳まで働ける継続雇用制度を導入/従業員の健康づくりの強化 など
TOPIC
経済産業省が従業員の健康増進に取り組む「健康経営」を普及させることを目的としてスタートした「健康経営優良法人認定制度」に基づく「健康経営優良法人」の認定が行われ、当社は、大規模法人部門において「健康経営優良法人(ホワイト 500(※))」に3年連続で認定されました。※ 経済産業省は、日本健康会議と共同で、大規模法人のうち保険者と連携して優良な健康経営を実践している企業について、2020年までに 500 社を「健康経営優良法人~ホワイト 500~」として認定・公表する予定です。

お客様を「元気」に

お客様の健康寿命の延伸をサポートするサービスを提供します。

お客様の元気をサポートするために、従業員のサービス力を高めます。

取り組みの一例
認知症の予防をサポートする「認知症予防アプリ」の提供/軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できる血液検査「MCIスクリーニング検査」の提供/疾病予防や健康増進に効果のある「クアオルト健康ウォーキング」の紹介/かけつけ隊や認知症サポーターの養成、ユニバーサルマナー検定の受講 など
TOPIC
一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会主催の「ユニバーサルマナーアワード 2017」において、超高齢社会の到来に向けた特に優れた取り組み事例として高く評価され「ユニバーサルマナーアワード」および「審査員賞」を受賞しました。

社会を「元気」に

当社の保有するデータの活用によって、医療の進歩に貢献します。

「元気・健康」に取り組んでいる企業・団体等を応援します。

取り組みの一例
機関投資家として生命保険業界で初めて「責任投資原則(PRI)」に署名し、環境・社会・企業統治(ESG)の課題に十分配慮した資産運用/人々の健康増進に寄与するファンドを応援する「元気健康応援ファンド」への投資/ラグビーやアイスホッケーへの協賛による競技促進の支援/役職員による社会貢献活動や従業員ボランティアなど、地域・社会、環境への貢献 など
取り組みの一例
ラグビーやアイスホッケーへの協賛などを通じて、青少年の健全な育成、競技の促進を支援してきました。こうした活動が評価され、2018年11月に東京都より「東京都スポーツ推進企業」に認定されました。