様々なつながりを
増やしながら、
次長としての
責任を果たす。

Ko Awaya
小田原支社
支社次長
2014年入社
経営学部卒
粟屋 洸

支社内部の管理を行い、
支社長をサポートしていく。

入社から8年目となる今年。同期の中でも最も早いタイミングで、小田原支社の支社次長になりました。支社次長は、支社におけるナンバー2のポジション。支社長をサポートしながら、とくに支社内で働く一般職のマネジメントや営業職員の教育といった支社内部の管理業務を行います。たとえば、一般職が担当する業務の一つに「かけつけ隊」や「インフォマーシャルを見て資料請求下さったお客様への対応」といったお客様を訪問するサービスがあるのですが、こうしたサービスの目標達成率が低い場合、その原因を分析し、解決策を策定・実行していくのです。こうした支社次長の業務を行う際に役立っているのが、異動前の部署での経験。私は本社の内部監査部という部署で毎月、全国の支社を回りながら、各支社の状況をチェックする役割を担ってました。各支社の内部管理態勢を検証することは、支社管理をケーススタディとしてじっくり考え、より良い支社管理職のあり方を学ぶことに大変役に立ちました。この経験を活かし、支社内部の状況を改善できた時はやりがいを感じますね。

自分らしい次長像、
支社長像を目指す。

太陽生命では、支社次長の仕事も支社長と同様に自分のカラーを出すことができます。たとえば、私の場合、強いリーダーシップでみんなを引っ張るというより、一人ひとりとコミュニケーションをとりながら、一緒に解決策を考えていくタイプ。「なぜ、やるのか」「どのような効果が見込めるか」といったことを丁寧に説明しながら、内務員の業務に対するモチベーションを高めていきます。また、支社次長を務める1年間は、支社長の仕事を最も身近で見ながら、学ぶ時期でもあります。小田原支社の支社長は目先の業績だけに捉われるのではなく、常に将来を見据えて支社を根本から良くしようと取り組んでいる方。その考え方や言動を一つでも多く吸収していきたいですね。そして、支社長にも最も早いタイミングで就き、私らしい支社づくりを実践することができればと考えています。

人間力で勝負できる
仕事に就きたかった。

売るモノの形がないことも、金融業界を選んだ理由の一つです。もともと人とコミュニケーションを取ることが好きだったこともあり、モノの力で売るのではなく、人間力で勝負できる仕事を探していました。最終的に太陽生命を選んだのは、職場の雰囲気が自分に合いそうだと思ったことと、私自身の個性をしっかり見てくれたことが大きいですね。この入社前に感じた「人」に関する魅力は、入社から8年経つ現在も変わりません。とくに同期は大きな存在。部署内の縦のつながりに加え、同期との横のつながりがあることで、他の支社と情報交換が気軽にできたり、本社で働く同期に質問や相談をすることができたり。同期といってもキャリアも得手不得手も異なるため、それぞれの強みを活かしながらともに成長していくことができる環境だと思います。

会社の野球部に所属。
さらに人脈が広がる。
最近は、自宅で映画やドラマを観たり、キャンプに出かけたりして過ごすことが多いですね。また、私は現在、会社の野球部にも所属しており、センターのポジションを守っています。野球部のメンバーとのつながりは、支社とも、同期とも異なるため、さらに人脈を広げることができ、プライベートだけでなく、仕事でも大いに役立っています。

One day schedule

他のインタビューを読む