データを分析し、
現場への施策を
打ち出す。

Ryuichi Masuko
営業部
営業推進課
2017年入社
経済学部卒
増子 隆一

現場のことを考えながら、
数字と格闘する毎日。

私の所属する営業推進課は、支社や営業所の様々なデータを分析し、今後の業績向上と営業職員の増強を図るための施策を立案し、支社・営業所に展開していく部署です。常に現場の方々が働く意欲を持てる方針施策の策定を目指していますが、過去のデータから意図して狙ったことと結果の因果関係を見出すのは容易ではありません。パソコン画面と向き合いながら、数字と格闘する毎日。ただ、この仕事を面白いと感じる瞬間も、この作業中です。自ら立てた仮説とデータの分析結果が異なっていたときは、「自分でも気づいていなかった新しい解決策を見つけることができた」とうれしくなります。また、施策に落とし込むときは、目標とインセンティブのバランスも重要。高すぎる目標はやる気を削ぐので、人の心理も想像しながら、より良い結果につながるバランスを考えていきます。そうして、自らの考えた施策が全社に反映され、目標達成がかなったときには大きなやりがいを感じます。

自らの経験も活かし、
営業手法マニュアルを作成。

印象に残っている仕事は通常業務とは少し異なるのですが、営業教育課と共同で営業手法マニュアルを作成したことです。もともと私は入社2年目の日暮里営業所時代に営業所長と自分しか従業員がいないなか、業績を上げるにはどうすればよいか、悩み、もがき苦しんだ時期がありました。その際、成績上位の営業職員の一言一句を研究したことがあったため、このマニュアル作成の話が来たときは「その時の経験を活かすことができる」と思わず力が入りました。作成時にはノウハウだけでなく、営業に対する姿勢なども追加し、全国のSS(セールスサポート)係長向けのマニュアルを完成させ、全国の支社、営業所に展開。現場からの評判も上々で、さらに新人営業職員の新規件数の拡大という目に見える結果にも貢献することができ、思い出深い仕事となりました。

すべて「最年少」で
出世していきたい。

就職活動では金融業界を中心に探していました。銀行や証券会社にも憧れを抱きましたが、より多くの人の人生のお役に立てる生命保険が自分には合っていると思い、この業界に絞りました。また、太陽生命に決めた理由の一つは組織規模。大手企業だと組織の一員として働くイメージが強いですが、その点、太陽生命は個を大切にしてくれる印象を持ちました。実際、働いてみて、そのことは強く実感しましたね。若いうちから数多くのチャンスをくれますし、結果に対する評価も大きい。入社前に待遇の良さをアピールしていましたが、それも改めて確認できました。今後はすべての役職に最年少で到達したいと考えています。最年少課長、最年少次長、最年少支社長。いずれはさらに高い役職も目指したいと思っています。そういう大きな目標を持てるのも、この会社の魅力です。

福利厚生も
充実しているから、
生活も充実。
休日は同期や一人でラーメン屋巡りをしています。あとは、海辺で本を読みながらビールを飲んだり。また、最近はゴルフも始めました。こうしてプライベートを充実させることができるのも、この会社の魅力。給与だけでなく、住宅補助など、福利厚生がしっかりしている点も大きいと思います。

One day schedule

他のインタビューを読む