太陽生命の今、
未来を、数字から
導いてゆく。

Yuta Kushimoto
主計部
主幹数理役
2018年入社
理学研究科修士課程修了
久志本 悠汰

現在の取り組みや商品から、
太陽生命の未来を分析。

主計部は、太陽生命の決算業務を担う部署。月次ベースで算出する利益指標から将来的な決算の数値を見通して、数字の専門家として経営陣に意見を伝えることが大きな役割です。たとえば、現在の保険商品を販売することが、長い目で見ると太陽生命にどんなインパクトを与えるのかを考え、指標を提示したり、実施している施策の効果を説明したりすることもあります。データの捉え方や分析の方法に正解がないなかで、太陽生命という企業を、数字の面から支える責任の大きな部署。検証を繰り返し、企業の経営に役立つデータを見つけ出していくのは、とても興味深くてやりがいがあります。正確さはもちろん、専門性の高い業務なので、日々の勉強は欠かせません。また、専門性の高い分析の内容や結果を従業員にわかりやすく伝えることも大切。いくら役に立つ分析であっても、その意図や効果が伝わらなければ意味がありません。従業員との対話や、信頼関係を大切にしながら業務に取り組んでいます。

数字のプロとして経営層に
意見を伝えることも。

現在、主計部でのキャリアは4年目になり、昨年から主幹数理役(課長職と同等の職位)を任命されました。それまでは、先輩から指示をいただいて業務を進めていましたが、今度は自分で分析方法を検討したり、後輩に分析の指示を出したりと、より主体的に動くようになりました。また、主幹数理役は、アクチュアリー試験に合格した従業員しか、なれることのできない役職。ひときわ専門性の高い知識と技量が求められ、依頼される仕事の難易度も高くなったように感じます。と同時に、経営層に対しても自らの意見を伝える機会があるなど、自分自身の仕事が太陽生命の経営に近い場所で活かされていることが実感でき、仕事のやりがいは一回りも二回りも大きくなった気がします。さらに、最近挑戦しているのは、業務効率化の推進。まだ取り組み始めたばかりですが、アクチュアリーとしての知見やプログラミングスキルなどを活用して、より企業に役立つ、効率的な分析を行うことを目指しています。

密なコミュニケーションが、
新人時代を支えてくれた。

就職活動のとき、太陽生命はシニア世代のお客様を対象にした「かけつけ隊」や「認知症治療保険」など、暮らしに寄り添う新しい取り組みを次々と実施しているという印象を持っていました。また先輩従業員との座談会の際に、人事部の方が私の希望に合わせて、主計部で活躍する先輩を連れて来てくださったことがあったのです。私は自分自身の専門性を活かせる仕事があることはもちろん、就活生一人ひとりに寄り添ってくださる太陽生命の姿勢に感激し、入社を決意。4年目になった今でも、そのときの先輩から指導をいただきながらしっかり成長できているように感じます。太陽生命の魅力は、従業員同士のコミュニケーションが多いことと、若手にもさまざまな業務を任せてもらえること。この2つの要素が、若手従業員の成長を後押しし、活躍の幅を広げているように感じます。これからもきっと、太陽生命は新たな挑戦を続けて行くと思います。自分自身の成長を、太陽生命の成長につなげられるよう、私もチャレンジを続けていきたいです。

自分自身をレベルアップさせ、
活躍の幅を広げる!
趣味は海外旅行とスキューバダイビングですが、将来的に海外での仕事にも興味があるので英語の勉強などの自己研鑽に充てる時間が多いです。最近は、オンラインで学生時代の友人とゼミを開催したり、お酒に合う料理の開発にも挑戦するなど、充実したお家時間を過ごしています。

One day schedule

他のインタビューを読む