支社を盛り上げるために
あらゆる業務の
スキルを磨いていく。

Yasue Usui
大宮支社
SS担当
2018年入社
文学部卒
碓氷 八寿恵

営業職員の採用も、
お客様とのコミュニケーションも。

現在は大宮支社でセールスサポート業務(SS)を担当しています。セールスサポート業務の主な役割は、支社に勤務している営業職員の人事・報酬・休暇の管理、試験の申し込みなどを行うこと。営業職員を新規で採用する際の会社説明会や面接前の対応など、採用担当者のような業務にも携わります。営業職員にとって、最初に接する社員は、いわゆる会社の顔となる存在。多くの人に「ここで一緒に働きたい!」と感じていただくことはもちろん、安心して入社してもらえるように最後まで丁寧な対応を心がけています。それに加えて、給付業務も担当するようになりました。お客様が保険金を請求する際の書類を手配したり、「かけつけ隊」として実際にお客様の手続きのサポートをしています。採用の業務と給付金の業務は関連が無いようにも思われますが、仕事のことを説明するときには現場経験が役立ちますし、太陽生命の顔として採用に関わる意識は、お客様と接するときにも活かされています。

入社前後にギャップがないよう、
丁寧に対話していく。

営業職員の採用ステップは、説明会・面接前の面談・支社長による面接と分かれており、私は説明会と面談を担当しています。入社希望の方の人柄、キャリア、希望している働き方をお聞きし、その方が太陽生命でどう活躍できるのかを一緒に考え、支社長に共有していきます。働いてみて、ギャップを感じるようなことがないよう、なるべく具体的に仕事のイメージを持っていただけるように説明するのは難しく感じますね。その人ごとに、接し方を工夫しながら、不安なく仕事を始められるように説明することを心がけています。自分が採用に関わった方が、太陽生命に入社し日々活躍しているのを見るととてもうれしい気持ちになります。また、採用イベントを実施して一度に大勢の方とお話しする機会も増えました。毎日、多くの人とのコミュニケーションを重ねられるのはこの仕事の醍醐味。自分なりに工夫を凝らして、より多くの人が太陽生命に興味を持っていただけるきっかけを増やしていきたいですね。

一般職のスペシャリストとして、
支社を活性化させたい。

就職活動の時は「衣・食・住」といった生活を支える仕事がしたいと考えており、生命保険も人々の人生を支える大切なものであるため、この業界を志望しました。ただ、最前線で活躍する人を支える仕事に魅力を感じつつも、お客様と接する仕事、直接役に立てる仕事にも興味がありました。太陽生命の一般職は、様々な分野のプロフェッショナルとして総合職を支えつつ、かけつけ隊や「インフォマーシャル」などでお客様に直接サービスをお届けできる仕事であり、自分にとても合っているように感じました。入社してわかったのは、想像よりも多くの業務に携わりながら、総合職の方と同じくらいキャリアアップできるということ。現在4年目になり、これまで窓口業務、保全業務、新契約業務、「かけつけ隊」、インフォマーシャル経由で資料請求して下さったお客様の対応などに携わってきました。できることが増えていくのは面白く、自信にもつながります。目指すは支社業務のスペシャリスト。営業職員の採用も含めて、支社の活性化に力を入れていきたいです。

国内旅行も海外旅行も、
時間を作って満喫!
趣味は、カフェ巡りや動画配信サービスでのドラマや映画の鑑賞。また、連休を利用して国内外を飛び回ることもありました。最近はあまり出かけられていませんが、まずは近場の観光地から、友人を誘って遊びに行きたいですね。

One day schedule

他のインタビューを読む