太陽生命の未来を、
数字とデータ分析で
予測し、支えていく。

Takanori Masuda
主計部 主幹数理役
2012年度入社
主計部 主幹数理役
増田 貴紀

主計部は、太陽生命の経営の
判断材料を提供する重要部署。

主計部は保険数理を扱う部署です。太陽生命の決算業務に関わり、企業の利益を算出、分析した資料を提供し、専門的な意見を経営陣に伝える業務を行っています。私たちの部署が存在することで会社が抱えている課題や商品ごとの売上、お客様の動向、打ち出した施策の効果に関する判断材料を得ることができます。会社の数字面の鍵を握る重要な部署です。会社の収益は社内外に発信されるため、間違いがないように計算するだけでなく、算出された数字の意味を考えることが大切です。数字を通して、いち早く会社の課題に気づく力も求められていますし、数字の分析方法も一つの視点に凝り固まらず「こういう分析をしたらどうだろうか」と柔軟な姿勢で向き合う必要があります。自分の業務が会社の経営にも影響するため、主計部の責任は重大ですが、その分仕事の醍醐味にもなっています。よく「主計部はAIにとって変わられるのではないか?」と耳にしますが、計算した結果をどう今後に生かしていくのかといった視点は、数字を扱う人間次第です。今後はより会社の未来を見据えた仕事を心がけていきたいと思います。

正解がない中、
適切な指標をつくっていく難しさを実感。

この部署に着任した当初、「契約業績」と呼ばれる事業成績のようなものを計算する担当を任されました。ちょうどその頃、太陽生命では企業独自の経営指標を設けようという流れができており、それを打ち出すための具体的な計算方法を考える業務を担当しました。具体的には、お客様からお預かりした保険料を「保障性商品」と「貯蓄性商品」に分ける明確な指標がなく、毎月の商品ごとの利益があいまいになっている部分がありました。そこで、私は商品ごとの計算ロジックを考え、経営指標に活用できるように、統計の指標を確立していきました。ただ、指標に明確な正解というものはなく、何を基準に「保障性商品」と「貯蓄性商品」を区別するかという設定や経営陣の求めていることに沿っているかどうか、現実に運営が可能であるかといった様々な要素の調整をすることは非常に困難でした。開発と検証を何度も繰り返してツールを完成させたときはとても達成感がありました。「契約業績」を管理するうえで自分の作成したツールが日々活用されていると考えると喜びを感じます。若いうちにやりがいのある大きな業務を経験したことはとても貴重な経験だったと思います。

支社と商品部の経験で、
想像力豊かな主計部員になりたい。

学生時代は数学を専攻しており、そのまま大学院へ進学。数学の知識を活かせる仕事、かつ困っている人々を助けられるような仕事がしたいと思っており、生命保険業界を志望しました。太陽生命は選考でお会いする従業員の方の印象が良くて入社を決めました。入社後は草加支社で2年ほど勤務しました。営業職員の日々の活動を支援することで商品の魅力の伝え方だけでなく、お客様の立場を考える姿勢も学ぶことができました。その後、商品部の商品数理課へ配属となりました。新しい商品を世に出すうえで、保険料や保険金の適正な金額を算出する業務に2年間ほど携わっていました。現場での業務を経験したことにより、商品について考えるときも「営業職員はどうやって説明するだろうか」と販売する営業職員の目線で商品と向き合うことができ、主計部に配属となってからも数字の背景に何があったのかを想像するうえで役立っています。太陽生命は新しいことに次々と挑戦する面白い会社です。これからも新しいことに挑戦し続け、主計部の一員として貢献したいと思います。

資格の
勉強を頑張っています!
数理部門の仕事では、専門的な資格を取得することで業務の幅をさらに広げることができます。現在は、CERAというリスク管理に関する資格に挑戦中。夜中や休日の空いている時間を使って勉強しています。

他のインタビューを読む