積極的な
投資の提案で、
会社の収益に
役立ちたい。

Shinya Yoshida
証券運用部 株式運用課
2017年入社
経済学部 経済学科
吉田 真也

世界の株式事情に精通し、
正確な投資判断力を鍛える

株式運用課では、お客様からいただいた保険料を債券や株式、不動産などに投資して収益を生み出すのがミッションです。世界の経済事情や株式市場、個別企業の財務状況などを分析し、なるべくリスクの少ない投資判断をしていくことが求められます。もともと株式などの資産運用には興味があり、いずれは運用に関わりたいという思いから、入社後の導入研修期間に証券アナリストの資格を取得しました。支社へ配属された後も実際にどのように株式が動いているのか、会計の処理や事務なども含め、1年くらいはひたすら覚えることばかりで勉強の連続でした。私が担当するマーケットは国内株式の中でも、とくに機械や電気といった業界です。担当する業界の知識を自ら学び、実務においては先輩のやり方を教わることで、毎日多くのことを吸収しています。様々な投資に関する情報をインプットすることは自分の成長にもつながり、目に見える形で会社へ貢献できることもこの仕事の魅力だと思います。実務を担当するのは5〜6人。最近、後輩が入ってきたことで自分が教える機会も増えました。質問を受けることで、自分でも分からないことに気付かされるのでありがたいです。

自らの提案で初めて投資を実行。
やっとスタートラインに立てた

株式運用課への配属当初から「積極的に投資の提案をしていいよ」と言われましたが積極的に実行できませんでした。提案に踏み切れなかった理由は知識不足が大きな原因であり、自分の判断に確信が持てませんでした。先輩から教わる以外にも、証券会社の出しているレポートをひたすら読み、セミナーに参加しながら状況を分析する目を養っていきました。初めて自分が提案した投資を行ったときは思い出深いです。扱う金額も大きく、お客様の大切なお金を預かっているという緊張感はありましたが、所属の上司が「責任を取るのが、上司の仕事」と言ってくれたおかげで、安心して取り組むことができました。初めて自分から提案したことで、太陽生命の株式運用課の一員としてスタートラインに立つことができたと実感しました。ちなみに、株式運用課は普段から上司や先輩社員との距離が近く、もしミスをしても上司や先輩がカバーしてくれるなど職場の人間関係が良いところが魅力です。また、若いうちから様々な経験してみたいという気持ちがあったので、すぐに責任ある仕事を任せてもらえたこともモチベーションにつながりました。

若いうちから経験を積めるのが魅力。
積極的に提案をしていきたい

学生の頃から、ファイナンスの領域に興味があり、就職活動では金融系の中でも扱う金額の大きい保険会社を中心に回っていました。保険会社は運用だけでなく、商品開発や営業もあるため、幅広く様々なことに関わりたいと考えていた私にとっては志望度の高い業界でした。その中でも、太陽生命を選んだ理由は自分から手を挙げれば様々なことにチャレンジさせてくれる、機動力のある社風を感じたからです。入社後は導入研修を終えて、京都南支社に配属されました。営業職員の育成などマネジメント業務を担当。総合職は毎朝実施する朝礼で100人程度の営業職員の前で話す機会もあるので、最初の頃はすごく緊張しましたが多くの人の前でプレゼンをした経験は本社に配属となった今でも役に立っています。京都南支社は優しい方が多く、人間関係なども含めてよい経験になったと思います。そして、約半年ほどの支社勤務を経て、現在の部署へ異動となりました。証券運用部は支社で扱っていた業務とは全く異なる経験をすることができています。自分が動くことで結果が出せる仕事は私に合っていると感じました。今後は、より様々な経験を積んで専門性を高め、積極的に投資の提案をできるようしていきたいです。また、株式運用課では英語で取り扱う業務が多々あります。オフの時間に英語の勉強をするなど、今後も向上心をもって会社の収益に貢献していきたいです。

友人や社内の先輩と
飲み会で情報交換
まとまった休みがとれれば、冬はスノボにでかけます。普段のオフ時間には、学生時代の友人や社内の仲の良い先輩を誘って飲みに行くのが良い息抜きになっています。

他のインタビューを読む