責任ある仕事を任せてもらい、
成長を感じながら
働くことが
できている。

Mai Nakajima
一般職 契約サービス課
2018年入社
法学部卒
中嶌 万維

人を支える役割と、
専門分野を深められる成長を求めて。

もともと人を支える仕事に魅力を感じており、事務職を中心に就職活動を進めていました。また、一つの専門分野をじっくり深めて成長することにも興味があったため、太陽生命の一般職ならその両方を叶え、さらに長く働くことができるのではと入社を決めました。入社後は現在に至るまで、契約サービス課に所属しています。さいたま市にある東京事務センターは、太陽生命のサービス業務を担当する部署を一堂に集めた場所であり、保険金のお支払いなどのサービス機能を備えた、本社機構の1つです。その中の一つである契約サービス課は、お客様のご要望に沿って契約内容の変更や見直し、貸付金などの各種手続きを担当する部署です。生命保険契約は長期にわたってお客様の人生を支えるものだからこそ、各種手続きにおいてもお客様に少しも不安を与えず、信頼していただかなくてはなりません。直接お客様と関わることはありませんが、業務の先にいるお客様のことを考えながら緊張感をもって業務にあたっています。また、常に同じ作業というわけではなく、日々学ぶことがあり、新しいことに次々とチャレンジさせていただける点も大きなやりがいにつながっています。

太陽生命の結束力と
自分たちの使命を再確認できた。

太陽生命では、自然災害などがあった地域にお住まいのお客様に対して一定期間の貸付利息を減免する「特別金利」という制度を取り扱っています。2020年は新型コロナウイルスによる緊急事態のなかで多くのお客様がこの制度を利用することとなり、私も「特別金利」の対応チームの一員として参加することになりました。「特別金利」対応は通常の業務フローでは処理できない部分も多く、私たちは通常時とは異なった方法で計算や送金などを行いました。さらに、今回は全国のお客様が対象だったこともあり、取り扱う案件数の多さも大きな壁となる中、私は数字がぎっしり並ぶ計算表を管理しながらメンバーに指示を出す役割を担うことになりました。一つのミスが、多くの人に迷惑をかけてしまう役目。責任重大ではありましたが、チーム内で協力しながら全体の対応を終えることができたときは達成感を感じるとともに、太陽生命の結束力の強さを再確認できました。また、お客様の暮らしを支えていることも改めて実感でき、自分自身の仕事に大きな使命感を持つきっかけにもなったと思います。

仕事でもプライベートでも、
先輩たちを見習いたい。

特別金利の対応業務の際の役割でも感じましたが、この会社は総合職、一般職に関わらず、若いうちから責任ある仕事を任せてくれる会社だと思います。入社3年目となる今年は、支社で発生したイレギュラーな業務について、本社の法務部門と連携して対応することや、新商品が発売される際のシステム部門との連携業務といった仕事にも挑戦させてもらっています。自分にできることが増えていくと自信にもつながりますし、仕事に対するやりがいも大きくなります。さらに以前と比べて積極的に動くようになり、自発的に業務に取り組む機会も増えました。資格試験や通信講座を受けて知識の習得にも努めています。勉強時間に比例してスキルアップでき、業務の質や効率も上がる仕事。とはいえ、先輩方と比べるとまだまだ差を感じる部分も多いため、一日でも早く追いつき、もっと戦力として活躍できるよう成長したいです。それから、この部署には働きながら子育てを両立している先輩が多くいます。その部分も見習って、私も仕事と家庭を両立できる格好いい女性になりたいと思います。

料理を作るだけでなく、
学びながら楽しむ!
お家時間として始めた自炊が楽しくて、いろいろな国の料理に挑戦しています。また、「ビューティーフードアドバイザー」という資格を目指して勉強中。家族みんなで健康に過ごしていきたいです。

One day schedule

他のインタビューを読む