より多くの
人生を支える、
スケールの
大きさが魅力。

Risa Ishii
法人営業推進部 金融法人部 担当職
2017年入社
文学部 人文社会学科卒
石井 里沙

お客様の真のニーズを汲み取り、
施策を形にしていく。

私が所属する金融法人部では、銀行・証券会社・損害保険会社・カード会社などの金融機関がお客様となり、福利厚生制度の提案を行っています。新規開拓の営業だけでなく、既存のお客様に対してはニーズを探り、お客様の期待に応えられるような施策を提案していきます。そのためには、お客様の業務を深く知り、同じ目線で考えられるようになることが重要です。銀行業務検定などの資格試験の勉強を通じて、決算の用語を覚えるなど、日頃から基本的な金融の知識を学ぶようにしています。配属された当初と比較すると、学んだことを実務に活かすことができています。しかし、まだまだ分からないことの方が多く、改めて奥の深い世界だと感じます。お客様の潜在的なニーズを汲み取り、要望に合わせた提案をしていくことは簡単ではありませんが、上司や先輩社員と相談し、策定した施策を形にしていくことはこの仕事の面白さでもあります。最終的にはお客様に喜んでいただけることが大きなやりがいになっています。また、担当職は転勤もなく、女性にとってとても働きやすい環境だと思います。

お客様の情報収集を怠らず、
コミュニケーションを深める。

学校現場等を担当していた公法人部から金融法人部に異動して約1年が経過しました。この期間の中で印象に残っているのは、お客様に新たな福利厚生制度について説明した経験です。新規開拓のお客様等に先輩と一緒に訪れる機会が多くあり、お客様へのアプローチ方法等を学びました。いきなり商品の説明を始めてもお客様のニーズを把握することは難しいため、商品を説明する前にお客様が取り扱っている融資の状況や経済環境に対する考え方などを理解することから始めました。お客様とのコミュニケーションだけでなく、経済や金融に関する知識も必要となるのですが、先輩方に付いてお客様を訪問する中で基本から教えていただき知識をつけていきました。そうして、これまで当社とお付き合いのなかったお客様に、私たちの提案がしっかりと伝わり、コミュニケーションが取れたと実感できたことは大きな自信につながりました。団体保険は、1000人以上の規模の契約となることもあるため、個人の契約と比べてもスケールの大きな仕事です。その分、やりがいも大きいですし、気持ちも引き締まります。

自力で新規開拓ができるよう
提案力を磨きたい。

学生時代に演劇部に所属し、さまざまな役を演じてきたことから、人の人生に寄り添う仕事がしたいと考えるようになりました。生命保険会社を選んだ理由は、保険商品そのものが人生の支えになっているからです。いくつかの生命保険会社を受けましたが、面接会場で感じたアットホームな雰囲気や先輩社員の温かい人柄などに惹かれ、太陽生命に入社したいと思いました。最初に配属された法人営業推進部の公法人部では、全国の教職員組合に福利厚生の一環として団体保険の販売活動を経験しました。学校を訪問して職員一人ひとりに個別に保険加入の勧奨を行いました。最初の頃は、教職員の方々にうまく説明することができず、悩んだこともありましたが、同期や先輩方に励まされ、繰り返しロールプレイングの練習を続けることで、少しずつ契約をいただくことができるようになりました。団体保険の制度説明をしたり、商品の魅力を伝えた経験は、今の部署でも活かされています。今後は人当たりのやわらかさや柔軟さを活かし、お客様に真摯に寄り添い、お客様ニーズを引き出すことができる営業スタイルを目指します。とはいえ、まだ先輩のサポートに頼っている状況なので、さらに金融業界の知識について学び、経験を重ねることで、ひとりでも提案できる力をつけていきたいです。

学生時代の仲間と一緒に
演劇を続けています
演劇サークルの仲間とは、今でも一緒に楽しみながら芝居づくりをしています。演劇は想像を巡らせて、人の気持ちや人生に寄り添えるところが大きな魅力です。舞台に立つと良い気分転換にもなりますね。

他のインタビューを読む