一般職でも
外に出ることで、
世界を広げる
ことができる。

Haruka Tomita
牛久支社 一般職 CS担当
2008年入社
ビジネスキャリア開発学科卒
冨田 晴香

太陽生命の「顔」として、
直接お客様のもとを訪れる。

私は一般職として勤務しており、最近はCS(カスタマーサービス)担当として契約内容の照会や給付手続の処理などに従事するかたわら、「かけつけ隊」や「インフォマーシャル」のサービスを提供する業務にも携わっています。お客様の自宅へ伺い、保険金の給付手続きや保険商品の説明などを行うのです。営業職員との違いは、当社のCMを見たお客様から保険商品の内容を説明してほしいとお問い合わせをいただいたときに限ってご自宅まで訪問することです。来社したお客様へ窓口で対応した経験はありましたが、実際にお客様のお宅を訪問する機会は初めてでした。私の対応次第で太陽生命の印象を良くすることができると考えているので、かしこまりすぎず、でも丁寧に対応することを意識しています。また、他社の生命保険にも加入しているお客様のご自宅へ伺うこともあるため、私自身も自社商品だけでなく、他社商品についてくまなく調べ、一人ひとりのお客様の状況に寄り添ったご提案ができるように心がけています。お客様から「あなたの説明がわかりやすくて、太陽生命の商品に興味を持ったわ」と言っていただけたときはとてもうれしかったですね。あらためて、保険は人と人とのつながりが重要な仕事なのだと実感しました。

係長業務も経験。
プレッシャーの中、大きく成長できた。

千住支社から現在の牛久支社に異動した出来事は、私の太陽生命でのキャリアのターニングポイントになっています。牛久支社は規模が小さく、社員の数も少ないため、オールマイティーにどんな業務も行うスキルが求められたのです。そうした中、一般職の係長が退社することになったのをきっかけに支社長から「係長に登用しようと考えている」というお話をいただきました。当時は自分の仕事に自信もなくて断ろうかとも思いましたが、せっかく自分に大きなチャンスを与えてくださったのだからと引き受けることにしました。しかし、やはり最初は不安で、千住支社の先輩に電話をして相談していました。また、係長に就任すると同時に、損害保険の業務にも携わるようになり、一度にたくさんのことを覚えていかなければなりませんでした。さらに、今までは自分の業務をチェックしてくださる上司がいましたが、これからは自分がその上司の立場です。見落としがあれば、営業職員にも迷惑をかけてしまいます。担当業務が増え大変でしたが、その時の経験を通して大きく成長できたと思います。

それぞれの支社での学びを、
後輩たちに受け継いでいきたい。

私が就職活動をしていた頃は、世間で女性の働きやすい環境づくりが始まった時期だったと思います。太陽生命はその頃にはすでに「女性も活躍できる会社」として知られていたようで、キャリアセンターの方から勧められました。女性が活躍できる職場であり、結婚や出産後のサポートも手厚いと知り、ここなら安心して長く働けそうだと入社を決めました。一般職の採用枠で入社し、最初は千住支社で窓口業務や会計業務などを担当。毎回緊張しながらも、積極的にお客様と対話してお客様のニーズに応えることを心がけました。その後、牛久支社に異動し、現在入社12年目になるのですが、まだ初めて担当する業務もあり、幅広い業務を経験することができます。さらに、最近はお客様のご自宅にお伺いするサービス業務も担当するようになり、新しい発見も数多くあります。今後は、様々な経験を後輩たちに伝え、私のようにお客様との対話を伴う業務において活躍する一般職を育てることも大切な役割だと考えています。お客様とのコミュニケーションに苦手意識を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、新たな業務を経験することで世界は広がりますし、周囲もしっかりサポートするので安心してください。太陽生命の一般職は大きなやりがいを感じながら働くことができます。

趣味は旅行。
最近はハワイにはまっています!
連休の際は有給をくっつけて旅行に出かけることが多いですね。また、普段の休日もハワイアンカフェに行ったり、旅行の計画を立ててのんびり過ごしています。プライベートの充実が仕事のやる気につながっていると思います。

他のインタビューを読む