広報の仕事は、
社内外の
人間関係づくりから。

Masanori Okamoto
広報部 広報課
2012年入社
法学部卒
岡本 将典

地道な活動を通じて、
太陽生命のことを広く深く伝えていく。

広報部は、広報チームと宣伝チームに分かれています。私の所属する広報チームでは、ニュースリリースの作成などに携わっています。ニュースの内容は会社の取り組みから新商品やサービスのこと、決算内容やCSR活動など、多岐にわたっています。各部署の多岐に渡る取り組みの中から、世間に幅広く発信する情報を広報部が選別して社外に公表します。ニュースリリースの掲載後、新聞やテレビといった各メディアに対しての情報提供も行います。重要な案件であれば、記者に直接アポイントを取って話を聞いてもらいます。また、日頃から記者の問い合わせに迅速に対応するなど、人間関係の構築にも力を入れています。こうした地道な活動を通じて、太陽生命のことを広く深く知ってもらうことが、広報部の最大のミッションです。さらに、万一のトラブルや天災の際などの危機管理対策も大切な仕事。メディア向けのQAの作成や記者会見の準備なども担当します。メディアで報道されるということは、多くの人に認知される反面、正確に情報が伝わらなかった場合は責任も重大です。広報部は、社内外に大きな影響を与えるため、やりがいも大きい仕事だと思います。

若いうちから仕事を任せてもらえることが、
大きな自信になる。

広報部に配属されて、今年で2年目。その中でも一番印象深いのが、自分から記者へ売り込んだ情報が、初めて新聞記事として掲載してもらえた経験です。当社のサービスのひとつに、お客様のご自宅に訪問し、給付金などのお支払手続きをサポートする「かけつけ隊サービス」があります。訪問件数が5万件を突破したときに、初めて記事にしていただきました。今思うと、決して派手な取り組みではありませんが、会社としてコツコツと積み重ねていったことが高く評価されたのです。取材を受けた際は、「ペーパーレス化などによって、一般職が顧客サービスに充てられる時間が増えた」といった背景からしっかりお話しさせていただき、記者の方の共感を得ることができました。新聞記事が掲載されたときは、社内だけでなく、ご契約されているお客様からの反響もあり、やりがいを感じました。改めて、太陽生命は若手社員にも活躍するチャンスを与えてくれる会社だと感じましたし、日々の取り組みが成果につながったことで、広報部で働いていく自信や手応えを感じることもできました。

広報としての経験を積み重ね、
いずれは他部署も経験してみたい。

大学時代、人の役に立つ仕事に携わりたいと思い、生命保険や損害保険、金融機関などを中心に就職活動を行っていました。太陽生命は、就職活動サイトで会社紹介ページを見てエントリーしました。社員懇談会を通して、先輩社員の働き方を具体的にイメージできたことが入社の決め手になりました。また、充実したプライベートなど、先輩社員の生き方や雰囲気も大きな魅力でした。入社後は6年間、営業職員の指導・育成など、支社での業務を経験しました。その後、本社の営業教育課を経て、溝の口営業所の立ち上げにも関わりました。支社や営業所で学んだのは、人間関係の大切さです。どの業務でもコミュニケーションは欠かせないため、日ごろから人間関係を築くことが重要だと実感しました。また、2ヶ月間のニューヨークへの留学など、海外での経験を通して自らの価値観や業務の幅を拡げたいと考えています。広報担当としてさらに経験を積み重ね、太陽生命の良い取り組みなどをもっと世の中に広めていきたいです。また、広報部を通じて広まった視点をもとに、企画部などの会社全体の運営に携わる部署でも働いてみたいと思います。

ゴルフセットを購入。
打ちっぱなしで特訓!
今年からゴルフセットを購入し、本格的にゴルフをはじめました。休日は、打ちっぱなしやコースをまわり、リフレッシュ。プライベートの充実は、仕事の充実につながります。

他のインタビューを読む