支社長の考え方、
言動で、
支社は
良くも悪くもなる。

Shinya Kada
大森支社 支社長
2007年入社
産業社会学部卒
加田 真也

支社長として、
業績と陣容の拡大を目指す。

大森支社の支社長に着任して、2年目。日々勉強しながら、悩みながら、支社の業績の拡大と陣容の拡大という2つのミッションに挑んでいます。業績の拡大は、営業職員の日々の努力が不可欠ですが、私自身は自ら鼓舞したり、前に立って引っ張っていったりするタイプではありません。自分から声をかけ、具体的なアドバイスを行うなど、一人ひとりに気持ちよく仕事してもらうことを常に心がけています。また、陣容の拡大とは、お客様との接点である営業職員を採用し、支社のアプローチできる範囲を拡大することです。採用計画を立て、実際に自ら採用活動も実施しています。どのような営業職員を採用し、どのように活動してもらうか。ある野球監督の言葉で「組織はリーダーの力量以上には伸びない」という言葉がありますが、支社長を務めているとまさにその言葉通りだと感じることが多々あります。支社長の考え方、行動、発言によって、支社は良くも悪くもなります。そういう意味では、支社長として「やりがい」を感じるとともに、「責任の大きさ」を経験することができています。

自ら必死になって努力すれば、
周囲が協力し、結果もついてくる。

支社長に着任し、とくに難しさを感じているのが営業職員の採用です。面接を受けた方の中には生命保険会社の営業と聞くと、「目標が厳しいのでは?」と敬遠される方もいらっしゃいます。しかし、実態は違います。目標を達成するとインセンティブが出るといった非常にポジティブなものです。採用活動では、そうした誤解を一つずつ取り除くことから始めます。さらに、すでに大森支社で働いている営業職員にも協力してもらい、知人の紹介や採用パンフレットの配布などをしてもらっています。ただ応募を待つのではなく、営業職員のリーダーである支部長とともに積極的な活動を行っています。その結果、今年は陣容の拡大にも貢献することができました。自分が支社長になる前は、営業職員の採用に関して支社長がこれほど苦労して動いていることを知りませんでしたが、支社をまとめる立場の支社長自らが必死になって努力すれば、周囲の方々が協力してくださり、それが結果につながることを学べたのは非常に良い経験でした。

支社と本社の両方を経験したことが、
支社長としても役に立っている。

太陽生命のことは就職活動で初めて知りました。選考の雰囲気が印象的で興味を持ちました。他社がかしこまった面接が多い中、太陽生命は和気あいあいとした雰囲気であり、毎回、次の選考に進むのが楽しみでした。入社後は、福岡支社、高松支社を経て、本社の企画部へ配属となりました。企画部では、会社の方針を決定する中期経営計画の作成や金融庁と当社の窓口業務など、会社組織全体を動かすダイナミックな仕事も経験することができました。その後、青戸支社で支社次長として1年間支社運営を学んだ後、現在の大森支社に異動となったのです。支社と本社の業務を経験できたことは、現在、支社長として働くうえで良い経験となっています。支社時代を思い出し、「あのときの上司がこうしていたな」とか「あの先輩なら、どうするだろう」と、これまでお世話になった方々のことを思い出しながら判断することも多いですし、本社を経験したことで会社側の求めていることも理解できるようになりました。今後は、こうした両方の立場を経験したキャリアを活かしながら、支社と本社、どちらでも活躍できる人材を目指したいと思います。

食べ歩きが好き!
日本各地の美味に舌鼓。
もともと食べ歩きが好きで、休日はよく食事に出かけています。また、転勤で地方に行くこともあるため、福岡支社ではもつ鍋、高松支社では讃岐うどんなど、その地方でしか食べられない美味を堪能していました。

他のインタビューを読む