Meet our people仕事を知る

社員座談会(総合職) 社員座談会(総合職)

社員座談会 総合職

幅広い業務領域と強い影響力を持つ
「総合職」にチャレンジ!

太陽生命の「総合職」は本社・支社の実務の要です。
総合職の3人にその魅力について語ってもらいました。

座談会Member

  • 鈴木 直也

    人事部 内務教育課

    鈴木 直也Naoya Suzuki

    2011年入社
    国際総合科学部経営コース卒

  • 岡本 将典

    広報部 広報課

    岡本 将典Masanori Okamoto

    2012年入社
    法学部卒

  • 鶴巻 香保

    企画部 企画課

    鶴巻 香保Kaho Tsurumaki

    2016年入社
    文学部英米文学科卒

支社での営業職員への研修・
指導が総合職にとっての
成長につながる

支社での営業職員への研修・指導が
総合職にとっての成長につながる

入社から現在までのキャリアについて教えてください。


鈴木

まず岡崎支社に配属されて約1年間、沖縄の那覇支社で4年半、福岡支社で1年勤務した後、現在の人事部内務教育課に着任しました。


岡本

私は京都支社、熊谷支社を経て本社営業教育課に配属されました。その後、溝の口営業所の立ち上げ業務に携わり、先日、本社の広報部広報課に着任しました。


鶴巻

私は名古屋支社の勤務を経て、本社の企画部企画課に着任しました。


鈴木

3人とも最近支社から本社に異動してきたことになりますね。


岡本

私と鈴木さんは入社が1年違いなので、研修などで顔を合わせることが多いですよね。


鶴巻

私はまだ2年目で、本社勤務になって少し驚いていますが、与えられた場所で頑張りたいと思っています。

これまでの仕事のキャリアにおいて、苦労したことはどんなことですか?


鈴木

1~2年目は支社で仕事のやり方を覚えますが、特に営業職員の方に気持ちよく仕事をしてもらうにはどうすればいいか悩みました。


岡本

営業職員は年齢層が広く、私の在籍した支社では20代から80代の方までいらっしゃった。自分より年齢も経験も上の人に研修したり、指導したりするのは大変でしたね。でも、指導の結果としてその人の営業成績が上がれば、こちらも達成感を得られるという楽しさがありました。


鶴巻

私の場合、名古屋支社では新入社員として女性の総合職が配属されたのが初めてだったので、女性の総合職という立場でどうやって物事を進めていけばいいか迷いました。


鈴木

女性総合職の採用は積極的に行っ ていますよね。福岡支社にも2人いました。営業職員は全員女性なので同性のやりやすさと難しさはあるだろうな。


鶴巻

そうですね。自分でいろいろ模索しながら接し方を考えましたが、支社長や支社次長が間に入ってフォローしてくださることも多く、助けていただきながらやっていましたね。


岡本

現在の配属先の広報課の業務は多岐に渡っていて、今は仕事の全体像を把握している最中といったところです。


鶴巻

支社と本社では仕事の内容が全然違っていて毎日が勉強です。新入社員に戻ったつもりで取り組んでいこうと思っています。

若手にチャンスを与えてくれる
環境で仕事の難しさと
やりがいを実感

若手にチャンスを与えてくれる環境で
仕事の難しさとやりがいを実感

総合職のやりがいについて聞かせてください。


鈴木

影響力の大きさですね。福岡支社では営業職員約120名に対して総合職6名でした。自分が行う研修・指導が一人ひとりに伝わって大きな営業成果になる。1~2年目の 社員でも大きな影響力が発揮できるわけで、それは大きなやりがいにつながります。


岡本

支社でのやりがいは自分で組織を作れることだと思います。支社長はある意味で社長と同じですから。また、総合職は人数が少ないこともあって、若手でも大きなチャンスが与えられます。私も4年目に溝の口営業所の立ち上げという大きなミッションを与えられ、営業所長と2人で備品選びから手掛けることができました。その経験が今の自信につながっていると感じています。仮に仕事で失敗しても、先輩や上司がしっかりフォローしてくれるところも太陽生命の魅力だと思います。


鶴巻

私も名古屋支社で1年目から係長を任せていただきました。大手金融機関の支店長に挨拶に行く経験もして、太陽生命はチャンスが近くにある会社だと思いました。そのチャンスを活かしてステップアップしていけば、やりがいは大きくなりますよね。

スマートワーク推進で
働き方に対する社員の意識が
変わった

スマートワーク推進で働き方に対する
社員の意識が変わった

太陽生命では「スマートワーク」の推進を掲げていますが、自分で心掛けていることや社内の変化を実感したことがあれば聞かせてください。


岡本

2016年から「太陽の元気プロジェクト」がスタートして、各種制度も刷新され、以前よりも有給休暇をスムーズに取得できるようになりました。私自身は18時退社を心掛けていて、広報課全体でも1年以上連続で残業ゼロになっていることからも、スマートワークへの取り組みが徹底されていると感じます。


鶴巻

支社で時短勤務の方もいましたし、現在の部署では男性の総合職の方が育児休暇を1週間取っているのを見て、「男性も取れるんだ!」と驚きました。


岡本

最近では男性社員の育児休暇取得率は100%だったはずですよ。


鈴木

確かに入社したころから変わったと思う。特に働き方に対する考え方が変わって、時間を大切にする意識が高まったと感じますね。スマートワークとは、単に早く帰る、休みを多く取るということではなく、効率的に仕事をするということで、人事部は発信元なので特に意識しています。また、65歳定年制度の導入も、働き方の選択肢が増えていい取り組みだと思いますし、自分もぜひ活用したいです。


岡本

大手保険会社の中ではいち早く65歳定年制度を導入して、従業員一人ひとりが元気に働ける環境が整ってきていますよね。太陽生命は定年まで働こうと考えている社員が多いみたいですし、これからますます重要な制度になると思います。


鶴巻

自分にとってはまだ遥か未来のことなので、正直、実感は湧きませんが、公的年金支給年齢のことなど考えると、頼もしい制度の一つではないでしょうか。

幅広い仕事にチャレンジ
できる総合職を
目指して欲しい

幅広い仕事にチャレンジできる
総合職を目指して欲しい

就職活動に取り組む大学生たちに、メッセージをお願いします。


鶴巻

総合職はチャレンジしようとする気持ちが大事だと思います。総合職になってみて将来のライフプランを考えるという方法もあります。仕事は大変なこともありますが、やりがいも大きいです。「あの時、頑張って良かった!」と思うことも多く、総合職はお勧めです。


岡本

就職活動は皆さんにとって初めての経験で不安も多いはずです。私は家族や友人、先輩にいろいろアドバイスをもらって乗り切りました。自分一人で抱え込まずに頑張ってください。太陽生命でお会いできる日を楽しみにしています。


鈴木

太陽生命に勤めて思うのは、就職活動では業界や業務内容も大事ですが、結局、職場環境や周りの人が大事だということです。入社以来、職場や仕事内容、立場は変わっても、周りの人に恵まれて前向きに仕事に取り組める環境がありました。もちろん、職種や会社へのこだわりはあるでしょうが、最後はその会社の人たちが自分に合うかどうかで決めて欲しい。できるだけ多くの社員に会って、自分の直感を信じてください。太陽生命は派手さはないかもしれません。けれど愚直に、1つのことに全員で取り組んでいく雰囲気があります。社員も真面目な人が多いです。私自身、入社して本当に良かったと実感しています。就職活動、頑張ってください!

仕事を知る一覧へ戻る