Meet our people仕事を知る

大山 浩毅 大山 浩毅

支社の成約に貢献することが
達成感につながる

契約部 契約査定課総合職

2015年入社

人間健康学部卒

池冨 彩也夏Sayaka Iketomi

One time schedule

スケジュール スケジュール

人間性を理解しようと
してくれる面接が
入社の決め手に

大学時代は社会福祉学を専攻し、さまざまな観点から将来的な展望を考えて一般企業への就職を選びました。生命保険業界は姉が働いていたことがきっかけで興味を持ちました。いろいろな企業を回って就職活動をしましたが、太陽生命は、面接時に出会った社員の方々の印象が他社とはまったく違いました。とてもアットホームな雰囲気で、私の人間性や人柄を引き出すような接し方をしてくださり、私自身も落ち着いてありのままの自分をアピールすることができました。そのことが、入社の決め手になりました。

支社の営業から
契約査定課への異動

支社の営業から
契約査定課への異動

入社後は岡山支社に配属になり、新人営業職員との飛び込み営業などさまざまな経験を積んできました。その後、埼玉県与野市にオフィスがある契約査定課へ異動となりました。

契約査定課の業務は、環境査定、医務査定、事務査定というチームに分かれ、私は現在、事務査定チームで引受限度額の査定を重点的に担当しています。基本的に支社での契約案件について営業職が作った設計書に基づいて確認・査定・訂正を行う業務です。引受限度額を超えた契約については、申請段階でエラーが出て支社から照会が来るので、逐一対応しています。また、氏名や住所、性別、生年月日など基本データの入力ミスについても申請に基づいて訂正します。逆に、自署工程を確認してこちらでミスに気付いた時は支社に照会して訂正します。

異動当初は支社とはまったく違う仕事内容に戸惑うばかりでした。業務知識が少ないため支社からの照会になかなか対応できず、落ち込むこともありました。それでも、保険の商品規定をイチから読み込み、分からないことは先輩や上司に質問して少しずつ知識を積み上げていきました。その甲斐があってか、現在は任せてもらえる業務も増え、支社からの照会にも対応できるようになってきました。

正確かつ迅速な事務処理で
支社からの照会に対応

正確かつ迅速な事務処理で
支社からの照会に対応

契約査定課には全支社から照会があり、1日に相当数の案件を処理しなければなりません。さらに、私たちの業務にミスがあればさまざまな事務リスクにつながるので、正確かつ迅速に処理できるように心掛けています。支社にとっては私たちの判断や対応が成約を左右することもあり、責任の重さを実感しますが、その分、支社員から頼られたり、自分の対応でスムーズに成約できて感謝されたりした時の達成感は大きいですね。パソコンと向き合っている時間が長い仕事ですが、電話を通して人と関われることが多い仕事だと感じています。

幅広く業務を経験し、
自分の専門分野を確立したい

幅広く業務を経験し、
自分の専門分野を確立したい

現在、引受限度額査定の業務はかなりの範囲を任せてもらっていて、イレギュラーな案件も含め満遍なく対応できるようになってきました。今後は事務査定だけでなく、職業などを調べる環境査定や、健康状態を判断する医務査定についても深く理解して業務の幅を広げていくことが目標であり、それが仕事のやりがいにつながると思っています。また、将来的には契約査定課の中で、自分が得意とする専門分野を持つことが大切だと感じています。そのために、まずは目の前の仕事に全力を尽くしながら、幅広く学びたいです。

太陽生命という会社は少数精鋭主義で、私のように入社して2~3年目でも重要な仕事に挑戦させてもらえることが大きな魅力です。そして、若手に任せるだけでなく、周りがしっかり支えて育てようとしている雰囲気が伝わってきます。また、私は大学で女性の働き方やワークライフバランスについて学んでいましたが、太陽生命は女性社員が多く、女性管理職も増えていて、働く女性の気持ちを理解してくれる会社だと感じました。出産や育児などのサポート制度も充実していて、とても働きやすい環境なので女性が活躍できる場がここにはあります。

先輩社員紹介一覧へ戻る